エンジニアという仕事が最強なのではないかという話。

スポンサーリンク
キャリア

みなさんはどんなキャリアを歩んでいますか?
若いひとは自分のキャリアがこのままでいいのだろうか、
自分のキャリアをどう進めてべきなのだろうか、
そんなふうに考えるひとも多いのではないでしょうか。

私はキャリアチェンジは考えていないのですが、
ある程度の年齢になり、
「自分がもう少し若かったら何をするだろうか」と考えました。

人材エージェントとして、
フリーランスエンジニアとして多く関わってきた中で、
エンジニアという仕事が最強なのではないかと思いました。

スポンサーリンク

いまIT人材がとても不足している。

経済産業省発表の、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では

マクロ推計によれば、2015年時点で
約17万人のIT人材が不足しているという結果になった。

という記載がある。

これは日本だけの話ではないようです。
IT産業の発展により、この莫大な人材ニーズが発生したことを背景に、
世界中で、プログラマーやエンジニアと言われる職種を中心に、
IT人材が不足している。

莫大な需要はあるが供給が追いついていないことで、
労働市場のIT人材専門職種では、
経済学でいう「需給ギャップ」が発生している。

エンジニア労働市場で、需給ギャップの発生

人材を募集している企業に対して、
該当スキルをもったエンジニアの数が圧倒的に足りないので、
市場価値がどんどん高まっていきます。

需要が高いので、後述するように労働条件がよくなってきています。

エンジニアの報酬が高くなっている

ここ数年でエンジニアの給料はどんどん高くなっています。
同じくらいのビジネスレベルだったとしても、
エンジニアとビジネスサイドの職種では、
エンジニアのほうが相対的に報酬は高くなっています。

また技術職の人間がいないと、
プロダクトの開発が進まないため、
企業は給料をつりあげていきます。

A社が年収700万でくるなら、B社は750万でオファーするというような、
報酬のつりあげ合戦が現実にあります。

エンジニアの働く環境がよくなっている

エンジニアを採用するために、企業はあの手この手で魅力づけをします。
そのひとつで、ここ最近流行っているのが、
「リモートワーク」と「フレックスタイム」です。

リモートワークは、別の言い方をすれば、
「在宅勤務」のことをいいます。
通勤時間の削減やオフィスで他人に邪魔されるということがなくなり、
生産性を高めることになります。

フレックスタイムは、基本となるコアタイム以外の出社は自由で、
好きな時間に働くことができます。
朝型タイプのひと、夜型タイプのひとがそれぞれいると思いますが、
自分のタイプに合わせて柔軟に働くことができます。

最近では両方を満たす働き方を許容する会社もでてきており、
エンジニアが働きやすい企業が増えています。
(営業職や、事務職なども同様の働き方ができるはずですが、
なかなか進みません。これはエンジニアの労働市場ほどの
需給ギャップがないからでしょう)

エンジニアが好きな仕事を選べるようになっている

エンジニア職種では、独立して、
フリーランスとして働くひとが増えています。

なぜ独立したか聞くと、
「自分のやりたい仕事を選んでいけるのがいいと思った」と
回答するひとが多かったです。

実際には、独立しても大して仕事を選べないひともいるのですが、
それなりにスキルをもったひとは、
自分の好き嫌いで、仕事を選んでいけるような社会になっています。

自分のスキルを客観視する必要性

ここまで書いてきたように、
エンジニアの職種はいまの世の中で、最強の職種だと思います。

しかしここまで見て、
じゃあエンジニアに、じゃあ独立だ、
というのも時期尚早です。

冷静に自分のスキル、能力が
市場でしっかり価値を認めてもらえるか考える必要があります。
いまでは様々な紹介会社、フリーランスエージェントがありますので、
独立や、キャリアチェンジ前に、
客観的なアドバイスをもらうのがいいでしょう。

エンジニアが最強の職業だと思う一方で、
自由な働き方や、高い報酬は、
だれにでも与えられるものではない、

というのが私の考えです。

エンジニアは自分で資産をつくりやすい

労働市場以外の観点でエンジニアという仕事をみてみたいと思います。

これまで書いてきたのはエンジニアの「労働市場」の話です。
労働市場の中で生きていては、
報酬には天井がありますし、自分が病気になったら稼げません。

資本主義社会では、自分で商品をもち、
商品市場で販売できるひとが大きな富を持ちやすいです。

エンジニアは商品市場で売買を進めるのに、
向いていると私は思います。

なぜなら自分でプロダクトを作り出すことができるからです。

実際に
本業の仕事終わりや、週末でプロダクトをつくって、
それで独立しているひとも多くいます。

ビジネスサイドとは、
こういった商品市場への参入という観点でも
有利に立っているといえます。

このエンジニアニーズはどこまで続くのだろうか

エンジニアのニーズはどこまでも続くと思います。
技術の進歩はしながらも、
技術職のニーズが収まることはないでしょう。

需要はありつつも、供給が
どのくらいのスピードで追いついていくかというのが肝になります。

このものすごい需給ギャップに、
ビジネスチャンスを感じ、
その需要に応えるべく、様々な企業がビジネス展開をしています。

盛り上がるプログラミング教室、増えるエンジニア人口

特にここ数年で、
プログラミング教室は大盛況となっています。

Tech::Camp(https://tech-camp.in/ )
Code Camp(https://codecamp.jp/ )
Web camp(https://web-camp.io/ )
Dive Into Code(https://diveintocode.jp/ )
Tech Achademy(https://techacademy.jp/ )

大学生や社会人向けのプログラミング教室を
ぱっと思いつくところだけあげてみても、
これだけの数があります。

こういった教室から、エンジニアが輩出され、
エンジニアの需要と供給のギャップは徐々に緩やかになっていくでしょう。

IT業界は経験がものをいう、しばらくはエンジニアキャリアは魅力的だ

前述したようにエンジニアの労働市場は、
徐々に需給ギャップが緩やかになり、
エンジニアが過剰に優遇されることは少なくなっていくでしょう。

とはいえ、エンジニアの職種もキャリアがものを言います。
ベテランと新人では生産性に大きな差がでます。

フリーでやるには実務経験は最低でも2年は求められます。
いま教室に通っているひとたちが活躍しだすのは、
5年〜10年くらい先の話になるはずです。

そこからどうなるかはまだ読めないですが、
しばらくエンジニアにとって魅力的な労働市場の状況は続くと見ています。

まとめ

以上、エンジニアという職種は魅力的だなと思う点をざっくりまとめてみました。
5〜10年は魅力的な市場が続くといいましたが、
そのあとも自分で製品をつくれるというスキルは
大変貴重な財産となるはずです。

コメント