禁酒を一ヶ月してみた。実体験と効果について。

スポンサーリンク
ライフハック

この記事では執筆現在で、禁酒40日の私が、
一ヶ月ほどで起こった変化について書いてみたいと思います。

禁酒についての詳しい考察は下記の記事をご参照ください。
→関連記事: 禁酒のメリット、飲酒のデメリット。禁酒の仕方について考察

スポンサーリンク

時間が増えた

私にとってこれが一番大きいのですが、
断酒していると、飲み会のあとの時間も有意義に使うことができるようになります。

19時から飲み会がスタートして、
一次会で終了すると帰宅は21時過ぎ。
私はだいたい25時に寝るので、
3、4時間ほどの時間の時間があります。

いままでその時間は頭を使わないこと(映画鑑賞や漫画)をするか、
そのまま寝てしまうかのどちらかだったのですが、
断酒してから知的活動に使えるようになっています。
執筆活動や読書など、圧倒的に時間が増えました。

また土日の時間を生産的に使うことができるようになりました。
断酒するまで、土曜日は金曜日の飲み会の影響で二日酔い。
早くても13、4時過ぎに起床。
悪いときだと夕方ごろまで寝ているということがありました。

圧倒的な時間の無駄・・・
これをほぼ毎週繰り返していたのですから、
いま思うととても勿体ないように感じます。
(どうしてもっと早く断酒しなかったのか・・・・。)

しかしいまではそのような時間の浪費もなく、
平日も土日も基本的には同じ時間に起き、
土日も朝から知的生産の時間に充てることができています。

散財しなくなった

私は恥ずかしながらお酒のせいで、多くのお金を失ってきました。
飲み会になると気が大きくなって、
後輩たちと飲んだ際に、かなり多めに支払ってしまったり、
キャバクラなどでとてつもない金額を使ってしまうということがよくありました。
累計すると数百万円くらいにはなると思います。

酔わなくなったので、このあたりの散財は大幅に減りました。
シラフだと割とまともな判断ができている自負があります。

お酒が入ると人間は正常な判断ができなくなるので、
資金計画がうまくいかなくなりますが、
禁酒してから、自分が立てた資金計画も計画通りに管理できています。

お酒を注文しない分、少し節約された

単純に居酒屋やレストランでお酒を飲まない分、お金が浮いています。

どういうことか。
だいたいのお店でビールは500円程度かと思います。
ソフトドリンクだと300円くらいなので断酒すると、200円くらいは浮きます。
ソフトドリンクだとがばがば飲まないので、
ドリンク代だと1000円いかないくらいになっています。

お酒を飲むと5〜7杯くらいは飲んでいたので、
一回の飲みの席で3500円 – 1000円 = 2500円くらいの節約になっているはずです。

※複数人の飲み会だと割り勘でどうしても分散されるので、
この恩恵は少なくなりますね。

生活リズムが乱れず規則正しい生活ができるようになった

お酒を入れないことで、規則正しい生活が送れるようになります。
二次会、三次会などと、惰性で夜遅くまで過ごすことはなくなりますし、
二日酔いで朝起きれないこともないです。

私の場合、生活リズムを崩す原因のほとんどがお酒要因でしたので、
禁酒とともに生活リズムはかなり正常化されました。

食道炎が落ち着いた

私は長い間、逆流性食道炎のような症状に悩まされてきたのですが、
禁酒してからこの症状が緩和されました。

おそらく、
・アルコール自体を断ったこと。
・生活が規則的になり、適切な睡眠時間をとれるようになったこと。
・栄養摂取の偏りが減ったこと。
などが改善の要因としてありそうです。

肌が綺麗になった

断酒&禁酒は肌にも良いとされています。

アルコール自体が肌に悪い作用があるのですが、
酒を飲むことによる行動の変化も大きいです。

女性でいえば、飲み会のあとに化粧を落とさずに
そのまま寝てしまったということがあると思いますが、
これはとても肌に悪いことです。

男性も洗顔せず、化粧水などの肌ケアを怠るということもあると思います。

また私のようなアトピー等の肌の疾患がある人は、
アルコールの体へのダメージは甚大です。
そこの改善だけでも効果がとても大きいですが、
飲み会のあとに薬を塗り忘れるということもなくなるので、
かなり肌の状態が改善することでしょう。

私は冬時はかなりの乾燥肌に悩まされきましたが、
禁酒したこの冬はかなり改善しました。

楽しい記憶が残り、幸福感を得られる

お酒で何かしら悩んでいる人は、
記憶が飛んでしまうということも多々あるのではないでしょうか。

私自身は金曜日や土曜日など、
翌日が休みのときはものすごい量のお酒を飲んでしまい、
まったく記憶がないということがよくありました。

記憶が残らないどころか、何かやらかしていないか
二日酔いに苦しみながら、
不安に苛まれる日を過ごすということが多かったです。

断酒してからは飲み会の後は余韻に浸ることができ、
どんな話をしたか、どんな学びがあったかも鮮明に残り、
非常に幸福感が高くなっています。

まとめ

禁酒の効果についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。
禁酒したいと思ったら禁酒セラピーの本をぜひ読んでみてください。

お酒が毒だというエビデンスについては、
関連記事を参照していただければと存じます。
→関連記事: 禁酒のメリット、飲酒のデメリット。禁酒の仕方について考察

禁酒こそ最強のライフハックだと私は思います。
禁酒で人生の満足度が確実にあがるはずです。
より良い人生のために、禁酒をおすすめします!!

コメント