マーケティング職と資格、未経験からマーケティング職につくには

スポンサーリンク
キャリア
スポンサーリンク

はじめに

「マーケティングに職つきたいです。
どうしたら実現しますか?資格って必要ですか?」

これまで多くの人と採用面談や、キャリア面談をしてきた中で、
何度かこういった相談を受けたことがあります。

この記事では、上記のような悩みに対し、
人材エージェントとしての経験を持ち、
マーケティング責任者としてマーケキャリアをこなした筆者が、
どのように未経験からマーケティング職としてのキャリアを積むか、
資格は必要なのか説明したいと思います。

マーケティング職に資格は必要なのか

それぞれの仕事において様々な資格が存在します。
資格とは何かの仕事をするのに必要な技能があるかを証明するもの、
その資格がないと、該当の業務ができないものもあります。

マーケティングもいろいろ資格はありますが、
資格を有していないとその仕事ができない、というような資格はありません。

そのため資格がなくともマーケティング職につくことができ、
マーケッターを名乗ることができます。

よくある誤解ですが、資格は転職や仕事の獲得に特段有利に働きません。
資格を持っていたとしても、「あー持ってるんだ」程度で、
特段転職や就活で役に立つことはないでしょう。

ではどこを見ているのか。
結局は実績と経歴です。
どこの会社で、どれだけ成果をあげてきたか。
これはマーケティング職だけにとどまらず、
エンジニアやデザイナーなどの他の職種にも言えることです。

マーケッターに資格は必要ないのか?

資格は体系的に知識を吸収できるという意味では有用です。
業務の中で必要になったものを調べてやっていくだけですと、
知識が歯抜けになり、良いマーケティング施策ができない可能性があります。
ときには機会損失がでる可能性もあります。
そのため、体系的に理解するために、
資格の取得を目指すというのは悪いことではないでしょう。
ただ、資格をとっても成果がだせるわけではない、ということは理解しておくべきです。

また資格を取得しても、Webマーケティング、
特にWeb広告&SEOの仕様やアルゴリズムは目まぐるしく変化します。
資格をとったから安心ということはなく、
常に学習していくことが求められます。

さらに、資格を勉強する過程で、知識が身についたからといって油断できません。
広告やSEOの実際の運用は細かい点でつまずくことが多く、
資格をもっていても、実際の業務でパフォーマンスが上がらないということもしばしば。

そんなこともあり、やはり資格をもっているということが
就職や転職で有利ということにはならないのです。

未経験からのマーケティング職、どうしたらマーケッターになれるか

未経験からマーケティング担当になりたいときに、
必要なのは資格ではなく、意気込みです(笑)

半分冗談ではありますが、半分は本当です。
どういった理由でマーケティング職に就きたいのか。
キャリアチェンジの場合には、
しっかりとしたロジックが求められます。
ロジックなきキャリアチェンジは
採用担当に「この人は単純に長続きしない人だ」、と見られてしまいます。

未経験からマーケッターになりたい人におすすめなのは、
実際に自分でメディアをつくってみるということです。
意気込みを見せるというのも含めてメリットがあります。

メディア作りにはWebマーケティングのエッセンスが詰まっています。
なるべくマネタイズまで目指すのがいいでしょう。

手順としてはこうです。
・メディアのテーマを決める
・メディアを設置して公開する。
・ASPサイトに登録して商材を決める。
・商材から逆算して、必要な記事をつくっていく
・その際キーワードの調査など学ぶ
・GAやタグマネージャーなど計測系の設置
・記事を投稿しながら数字を分析して改善行動を繰り返す。

こういった手順を踏み、実際に自分でメディア運用をすることで、
基礎的なWebマーケティング能力を身につけることができます。
実際に成果がでれば、面接の際にアピールになります。
その成果は、マーケティング関連の資格を取得するより遥かに有利に働くでしょう。
うまくいけばお小遣い稼ぎになりますし、一石二鳥です。

マーケッターに資格以外で必要なもの

マーケティングとは端的にいえば、
売上をあげること、売れる仕組みをつくることです。

本来のマーケティング担当としての職務を全うするには、
総合的なビジネス理解が必要です。
しかし、そのへんの一般社団法人がやっているようなマーケティング資格だけでは、
総合的なビジネス理解をすることができません。
そういう意味でいうと、中小企業診断士やMBAという選択肢はありです。
これらは資格ではないですが、マーケティング能力を伸ばす上である程度有用です。

さらに、マーケティングにおいて重要なのは、組織マネジメントです。
マーケティングはマーケティング部署のみで完結するものではないです。
Webマーケティングだけ見ても、デザイナー、エンジニア、営業、法務などやりとりが発生することがあります。
彼らと良い関係性を構築したり、無駄なコミュニケーションコストが発生しないようにせねばなりません。

また、会社全体でのマーケティング思考を養い、マーケティングに強い組織づくりを、
マーケティング担当がしていく必要があります。

こういった部分をやってきて初めて、
マーケティング経歴に色がついてくることでしょう。

ということで、改めて申し上げますが、
マーケティングキャリアを歩む上で、
資格の取得が直接的に優位に働くことはありません。

コメント