フリーランスエンジニアになったら最低限理解しておきたい業界知識や用語

スポンサーリンク
ビジネス

フリーランスエンジニアになると聞き慣れない言葉をたくさん耳にするようになると思います。
この記事ではフリーランスとして活動していくときに知っておきたい用語や周辺知識をまとめました。

スポンサーリンク

SESってなに?

SESとは、System Engineering Serviceの略です。
社員のエンジニアを外部の企業に出向させ、
受注料金と人件費の差額を利益として運営する事業や企業のことを指します。

たとえば
「SESの会社で働いています」
「SES事業を運営しています」
「SESの営業やってます」
というような言い方をしますね。

SESは同僚、同じ企業の社員でも
出向しているメンバーが多いため、
同僚でも知り合いではないケースが多いです。

また出向先企業の受け入れ体制によっては、
まったく外部の人という扱いになるため、
仕事上の人間関係が希薄になるということもあります。

SES企業の社員は会社への帰属意識が薄れるため、
容易に転職してしまうというのもひとつの特徴です。

エージェントとSESの違い

最近のフリーランスエージェントと、SESの違いでいうと、
SESはエンジニアを自社の社員として雇い、出向させます。

フリーランスエージェントは社員としてではなく、
エンジニアと業務委託契約を結び、取引先企業に出向させるようなイメージです。
(厳密にいうと出向という言葉は正しくないかもしれません。)

SESは契約が終わったら別の現場を会社が探せないと、
人件費がそのまま赤字となる一方、
フリーランスエージェント企業は社員として雇用契約を結んでいるわけではないため、
契約が終わって次の紹介先がなくとも、SES企業のようなコストリスクはない形です。

派遣と業務委託、正社員の違い

正社員とは、企業と雇用者が雇用契約を結び、労働基準法に則り、
社員を管理し(され)なければなりません。
残業代、社会保険など労働基準法に則り、社員は権利を持ちます。

業務委託とは、企業と契約者が業務委託契約により、契約を締結し、
業務を遂行する形態のことを言います。
業務委託契約には大きく分けて、「請負契約」と「準委任契約」があります。

派遣とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、
他の企業に派遣されることを言います。
業務委託契約を結んで、他の企業に派遣される場合との違いは、
エージェント企業との契約書を見るのがいいのですが、
明確な違いは指揮命令系統の違いにあります。

準委任契約と請負契約の違い

「請負契約」とは、システムなどの納品物を成果物とし、
成果物の納品、検収完了をもって対価である報酬を受領する権利を得ます。
多くの請負契約で、瑕疵担保責任という責任を負います。
瑕疵担保責任とは、ざっくりいうと、
納品したシステムに作業の過失によるバグなどが見つかった場合に、
責任をもって対応しなければならない約束のことです。

請負契約は準委任契約ほどの固まった市場感、相場感はなく、
準委任契約よりも報酬が高くとれることが多いです。
ただ当然見積りが甘かったりして、想定以上の工数がかかってしまうこともあるので、
ディレクション能力に自信がない場合や、
納品までに難航しそうな案件は準委任契約で契約締結するのがいいでしょう。

「準委任契約」とは、ざっくり言うと、時間ベースで報酬を定める契約形態のことを言います。
契約の際は偽装請負や二重派遣とならないように注意が必要です。
準委任契約はおおよそ各発注企業、エージェント企業により
スキルや実績、年齢などにより相場感というのが、決まっています。
そのため請負契約に比べ、報酬の利幅はとりづらいでしょう。
その代わり、請負契約のようにディレクション能力が求めれませんし、
しっかり業務をこなしていれば、そうそう炎上することなどないので、
独立したての頃は、エージェント企業などを活用しながら、
準委任契約で業務をこなすのがいいでしょう。

精算幅ってなに?上下割と中割とは?

業務委託として準委任契約にて契約を締結する際に、
契約の条項に業務時間の幅を決めるのが通例で、
この基本となる稼働時間のことを精算幅といいます。

エンジニアの場合、140〜180時間というのが一般的で、
ゲーム会社などの比較的ハードと言われる高稼働案件ですと、
160~200時間の精算幅が多いです。
当然ここの時間は短ければ短いほどいいのですが、
ここはあまり交渉できないというのが現実です。
また実際の稼働時間を、下限に合わせすぎると、
評価が悪くなったりするので、
精算幅の温度感については企業に確認するのが無難です。

また業務時間が精算幅の上限を超えた場合、

上下割(じょうげわり)と中割(なかわり)とは

もしくは下限を下回った場合の取り決めが大きく2種類あります。
一般的なのは「上下割(じょうげわり)」です。

精算幅が140~180時間、基本報酬が50万円の場合に、
上限を上回った場合:500,000 ÷ 180 = 2,777.777円
下限を下回った場合:500,000 ÷ 140 = 3,571.428円
にて1時間あたりの超過控除報酬を決めるのが上下割です。

一方、中割(なかわり)という計算方法もあります。
中割の計算は精算幅の中央値をとって計算します。
さきほどの例でいくと
500,000 ÷ 160 = 3,125円
を超過控除の場合の1時間あたりの計算とする方法です。

受注側からすると中割のほうが都合がいいのですが、
契約は受注者側が呑むことが多く、SESでは上下割が多い印象です。

エンド直(えんどちょく)とは

フリーランスエージェントの広告で、
「エンド直案件100%」といったような広告を見たことはないでしょうか?
エンド直とは、クライアントエンドと直接案件をもらっている、ということを意味しています。

多くのSES企業では、二次請け、三次請けと、
中間業者を挟むことが多いのですが、
フリーランスエージェントは中間業者がないことが多いです。
そのため中間マージンも少ないので、
受注者に報酬を還元しやすい形態が多くなってきました。

報酬を多く還元しやすいこと以外にも、
常駐する場合の企業の情報を事前に細かに知ることができたり、
契約や交渉がスムーズに進むことも「エンド直」のメリットといえるでしょう。

NDA(えぬでぃーえー)とは

NDA(えぬでぃーえー)とは、
契約交渉を進めていくときにNDAの締結を依頼されることがあります。
仕事を進めていくときにお約束です。
NDAは「秘密保持契約書(ひみつほじけいやくしょ)」が実際の契約書名称ですが、
NDA、秘密保持、と言われることがしばしば。

「NDA(えぬでぃーえー)って結んでましたっけ」?
などと会話の中でよくでてきます。

この契約書は世間で出回っているテンプレをみんな使いまわしているので、
おおよその文言だけ抑えて、スムーズに契約書確認ができるようになるのがいいでしょう。

たまに大きな会社ですと、見たことのない文言が入っていたりしますので、
そういったときや、損害賠償の文言などが特殊なときは、
弁護士にレビューしてもらうのがいいです。

まとめ

フリーランスになると聞いたことのない文言が飛び交うと思います。
最低限抑えておいたほうがいいと思うことを今回はまとめてみました。

コメント