良い税理士とは?駆け出しの経営者に知ってほしい最適な税理士

スポンサーリンク
ビジネス

会社を経営する上で、最初に探す士業の先生が税理士ではないでしょうか。
税金はだれしもが収めなければなりませんが、
税金は複雑で、自分でやろうとするとかなり大変です。

税理士は誰でもいいというわけではなく、
優秀な税理士に税務面を見てもらうことで、事業成長に繋がります。

スポンサーリンク

税理士の探し方

ではどうやって税理士を選べばいいのでしょうか。

ネットで検索したり、紹介サービスを使ったりという方法もありますが、
私は知人の紹介がいいと断言します。

また独立したて、資格取立ての税理士は経験が少なく、
適切な提案をしてくれるか微妙なところなので避けましょう。

さらに税金のルールは様々ですし、ひとえに税法といっても色々な捉え方があります。
保守的な会計処理をするひともいれば、事業や業界を理解し、
うまくやってくれる税理士もいたり、ぴんきりです。

良い税理士とは何かは後述しますが、
顧問税理士として実際契約している経営者に、
後述の点を確認するのが確実なので、知人がいいと断言します。

ネットで検索したり、紹介サービスを使うと
税理士の質は保証されないので、
信頼のできる知人の経営者から紹介してもらうのがいいでしょう。

それでは私が思う、良い税理士の特徴をあげていきましょう。

適切な納税をしてくれる税理士

そんなの当たり前、と思うかもしれませんが、
ひとえに適切な納税といっても見解が分かれるケースがあるのです。

たとえば契約書で印紙を貼るべきなのか、貼らなくてもいいのか、
税理士の間でも意見が割れるときがあります。

仮に契約書に4,000円の印紙を貼るか貼らないかという話があったときに、
1年で100件契約が発生するのであれば、
40万の印紙が必要なのかどうなのかという話になります。

保守的にやるのであれば印紙を貼っておくに越したことはないですが、
税務調査管によっては、もしくは訴訟などを起こしてしっかり議論したら、
その40万円分の印紙はいらなかった、ということもなくはないです。

40万円を税金に使うのか、事業投資に使うのか。
ここで例にあげた金額は少額ですが、会社の規模が大きくなれば、
この見解で分かれる金額は大きくなっていきます。

そのため、保守的で真面目な税理士がいいのかというと、そうではありません。
豊富な経験や知見をもち、適切な税務アドバイスをしてくれる、
寄り添ってくれる税理士さんを見つけるといいでしょう。

税金計算シミレーションと資金繰りを考えてくれる税理士

決算直前になって税金の話をしてくる顧問税理士は最悪です。

たとえばWEB広告の広告宣伝費は損金として認められますので、
あまり時期要素が少ない事業で、ある程度利益がでているのであれば、
場合によっては、税金でキャッシュアウトするくらいなら
広告宣伝費としてキャッシュアウトさせたほうが
会社としてメリットがある場合があります。

これくらい利益をだすと税金はこれくらいなので、
決算期までに、こうこう、こういうスケジュールで事業投資をしていくのがいい、
などと税金をシミレーションして提案してくれる税理士さんがいいです。

たまに聞くひどい話が、決算期ぎりぎりになって
法人税の金額を言ってくるケースです。

決算期付近になって急に何か事業投資して、
損金計上していきましょうという顧問税理士もいるようですが、
こういう税理士さんはあまりよろしくないです。

決算直前になって、急に経費計上できるような支出をつくることは難しいですし、
毎月顧問料を払って会計を見てもらっている意味がありません。

顧問料を払っているのであれば、
決算の着地見込みを見据えて、進言してくれる人を選びましょう。

節税提案してくれる税理士

会社が大きくなるためにはキャッシュ(現金)が必要です。

なにも考えずにおとなしく税金を収めているのであれば、
経営者としては未熟です。

アップルや、ソフトバンクなど、
最適な税金スキームを組み、会社にキャッシュが多く残るような設計をしています。
このように税金の節税スキームを一緒に考えくれる税理士さんがいいでしょう。

また役員報酬や経費など、総合的に見てくれて、
適切な報酬設計をしてくれる税理士さんを選びましょう。

本来、会社の経費にできるものを
自分の財布からご丁寧にだしている経営者はまだ多くいます。
会社、プライベートの出費を聞いて、報酬設計や、事業経費として落とせるもの、
このあたりを見てくれて、どのように処理すべきか
アドバイスしてくれる税理士さんがいいでしょう。

また保険など節税対策になる金融商品などもあります。
そういったものをうまく組み合わせて、
会社が大きくなるために税金の最適化をしてくれる税理士さんが良い税理士といえそうです。

税理士の相場は?

おおよその相場がありますが、売上規模や、仕訳数などによって異なります。
スタートアップのフェーズであれば、月額顧問料は1〜3万円くらい。
会社の売上が数億円になってくれば5万円前後。
10億円などとなってくると、10万を超えてくるようなイメージです。

中堅、大手の税理士になるとサポートもしっかりしてるので、
当然相場より高くなってきます。

筆者がかつて所属していた企業では、税務業務に加えて、
資本政策や海外支社の会計も面倒を見てほしかったので、
それに合わせて税理士も変えたのですが、
かなり割高な印象でした。

このようにプラスアルファを求めると、少し高くなります。

経営者との相性が一番大事

いろいろと書いてきましたが、
最後に自分にとって良い税理士かどうか決めるのは「経営者との相性が合うかどうか」です。

税理士は自分の会社の財産をすべてさらけ出します。
税金の計算をミスってキャッシュ・フローが回らなくなれば
場合によっては税理士のせいで会社を潰さなくてはいけないこともあります。

税理士はこのようにかなり大事なビジネスパートナーですし、
なんでも話せる存在であったほうがいいのです。

優秀な方でも自分と馬が合わなそうであればやめておいたほうがいいでしょう。

まとめ

税理士を選ぶポイントをまとめました。
税理士は会社に適切にキャッシュを残す上で大切な存在です。
こちらの記事を参考に、ぜひ良い税理士さんをお探しください。

コメント