エンジニアは年収高い?未経験からエンジニアになる方法や仕事のリアル

スポンサーリンク
キャリア

こんにちは。
元人材エージェントの編集者Yです。

労働市場は売り手市場の世の中ですが、エンジニアはその中でも郡を抜いています。
当然需給ギャップがあるのでエンジニアの稼ぎはよくなっています。

こういう世の中の動きを察知して、
手に職をつけよう、より高い給料を求めて、エンジニアを目指すひとが増えています。

私はWEB界隈にいるので、よく友人から未経験からエンジニアになれるのか、
と聞かれることがよくあります。
そういう疑問をもつひとがけっこういるかなと思ってまとめてみました。

スポンサーリンク

エンジニアが不足、給料水準が高くなっている

なぜエンジニアの給料がこれほどまでに高くなってきているのでしょうか。
ひとつには専門性の高さがありますが、大きいのは需給ギャップです。
経済産業省のIT人材の需給に関する推計結果(2016年)によれば
2020年には37万人IT人材が不足すると言われています。
どこもかしこもPMやSE,PG人材を探して求めているのです。

いまエンジニアのニーズは高く、実力のある人にはかなりの給料が支払われます。
給料も高く、しばらくの期間は仕事は安泰そうです。
本記事では現実も踏まえつつ未経験からエンジニアになる方法と、
キャリアパスなどについて書いていきたいと思います。

未経験からエンジニアになる方法

はっきり言って、資格とかプログラミング教育の学校を卒業している
というのはそれ自体ではまったく就職に役立ちません。

むしろ不要なひとは不要です。
SES(システム・エンジニアリング・サービス)という業態の会社が
日本中の至るところにあるのですが、
そういった会社であれば未経験でも入れてくれるとことがけっこうあります。
なので無理して学校に通う必要はありません。

ただ独学というのはなかなかしんどいですし、
それなりに素養が求められますから、
お金と時間があるひとは学校に通ったほうが無難です。

それではいくつか未経験からエンジニアになる方法をいくつかご紹介します。

SES企業に入る

SESという事業形態の会社をご存知でしょうか。
IT業界にいても知らないひとはいるかと思います。
システムエンジニアリングサービスの略で、
シンプルにいうとエンジニアを派遣する会社のことです。

手っ取り早くエンジニアとしての経験を積みたいなら、
この業態の会社に入ることをおすすめします。
あまりプログラミングの知識がない状態でも素養があると認めてもらえれば、
採用してもらえる可能性があります。
採用してもらった場合、入社後に数ヶ月の研修があり、
その後実際先輩社員のいる現場に一緒に出向して働く形になります。

SESに入るメリットは前述したように、
そんなにプログラミング経験がなくても入れる可能性があり、
しかも研修時期も安いですが給料はでるというところでしょう。

デメリットはスキル習得はあまり望めません。
ある程度のところまでいったら仕事の中で得られるスキルは頭打ちになるでしょう。

SESではなくてもそうですが、自主学習が非常に重要になってきます。
また大手への出向が多くなりますので、規律が厳しかったり、
自分が作っているのがよくわからないままプログラミング業務をするので、
あまりやりがいを感じないと言って転職する人が多いです。

出向先での人間関係構築は難しいので孤独感を感じるひとも多いです。
出向先はあくまで顧客先です。
自由なんてなく、スーツでいかないといけないですし、
プレッシャーはけっこうかかるでしょう。

プログラミング学習してエンジニアになる

学習してエンジニアになるほうが前述のSESに勤めるよりも門戸は広がります。
学習系のサービスも増えてきています。
学習系のサービスをいくつかご紹介します。

プログラミングの学習サービスは大きく分けて、
「独学系」のサービスと「先生が教えてくれる系」のサービスがあります。
当然独学系のサービスのほうがコストは抑えられますが変な癖がついたり、
学習効率は悪かったりするので、なるべくしっかり教えてくれるところを選びましょう。

教えてくれるところは卒業後に就職支援サービスを行っているところも多いので、
数十万の貯金があるよというひとは迷わず教えてくれるところにいきましょう。

■独学系
Progate
ドットインストール

■先生が教えてくれる
在宅でプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

最高の6ヶ月!超実践型プログラミングスクール【.pro】

未経験でも最短1ヵ月でIT・エンジニアに【SODATEC】

未経験から最短でエンジニア転職を目指す



後者の教えてくれる系のサービスは、
就職支援までやってくれるところが多いです。
運営企業としては紹介料ももらえることから、
積極的にサポートしてくれるでしょう。

未経験でもOKな求人募集というのはあまり多くありません。
こういった運営企業は未経験でもOKなところを中心に開拓してるので、
ほかの人材エージェントよりもスムーズに選考が進むかもしれません。

ただ伝えておくと学校卒業したからといって就職先は保証されません。
当然ですが、本人の人柄やコミュ力とかも大事です。

とにかくプロダクトをつくる

開発スキルがまったくない状態で転職する方法も記載しましたが、
自分で学習してから入るほうが門戸は広がります。

自分で学習して転職していくひとは
まずは人に見せられるプロダクトを作りWEB上に公開しましょう。

実際に動くものを公開しておくことで、
開発能力の基礎は身についているというアピールになります。

GitHubを公開しておく

プロダクトを作ったソースコードはGitHubで公開しておきましょう。
実際に動くものを作ったとして、
採用側はちゃんとコードが綺麗に書けているか見たいものです。

またGitHubはフリーランスで仕事をしていくとき、
その後の転職などでもポートフォリオとしての役目も担ってくれます。

公開できるものはGithubに蓄積していきましょう。

GitHub
https://github.co.jp/

ブログ(やQiita)にまとめる

情報をアウトプットする手段として、
ブログやQiitaにあなたが工夫したことや、
どうやって学習していったかをまとめていきましょう。

採用担当者が見たときに
あなたの思考回路や人柄をわかるようにしておけば
採用の際のミスマッチなどもなくなるはずです。

後述するTwitterなどで発信していく際にも
ブログなどがあることで、
より多くのひとにあなたを知ってもらうことができます。

ツイッターで発信

プロダクトを作って、GitHubに情報を蓄積して公開したら
Twitterで求職中であることをアピールしましょう。

Web系の企業の採用担当や経営者は
かなり積極的にTwitterを使っています。

特段就職を意識していなくても
DMでスカウトメッセージがくることもあります。

私の知り合いが求職中であることをTwitterで投稿したところ、
複数の企業からカジュアルに面談させてほしいという打診がきていました(笑)

エンジニアニーズはかなり強く、
どこも採用に苦戦しているので、担当者はTwitter採用を積極的にやっています。

Twitterは上手に使っていきましょう。

人材エージェントを使う

未経験で就職するときは必ず使ったほうがいいかもしれません。
エージェントを使うことで、
・うまく企業との面談を調整してくれる(一定の期間にまとめてくれる)
・企業の内部情報を教えてくれる
・客観的にキャリアアドバイスをしてくれる
・どこにニーズがあるのか把握している

などなどメリットがあります。
エージェントの都合で、特定の企業に寄せられる可能性はありますので、
うまく活用することが大事です。

↓エンジニア就職に強いおすすめのエージェント↓


Wantedlyで気になる押しまくる

Web系の企業のほとんどが採用でWantedlyを使っています。
必ず登録しましょう。

登録したらこれまで書いてきた、
作ったプロダクトのURL、GitHubアカウント、Twitterアカウントを
プロフィールに記載しましょう。

プロフィールに記載したら、
求人にどんどん気になる、応募するを押しましょう。
※当然完全NGな企業は避けるべきですが、
ここでそんなに選んでもしょうがないのでどんどん気になるしましょう。

カジュアルに面談してくれると思うので、
自分に合う企業か実際に面談するといいですよ。

無理ならバイトやインターンで入れてもらう

ここまで書いてきたようにやってきて、
面接までいくけどそのあと進まない、
全然内定がでないということであれば、
トライアルで採用してもらえないか聞いてみましょう。

最初はアルバイトやインターンのような形で就労して見極めてもらうのです。

ただ注意があって、
どうなったら正式に社員として採用してもらえるのか、
ここは双方で確認しておきましょう。

念願のエンジニアへのキャリアチェンジができたとしても
長期間社員として働けないのはなかなか厳しいです。
働き始める前にゴールは決めておきましょう。

未経験からのチャレンジは大変なものですが、
今回紹介した方法でチャンスを掴めるはずです。

ぜひトライしてみてください。

未経験からエンジニアはどれくらいもらえるの?

これはまったく期待しないでください。
東京であれば20万〜25万、独学とはいえそこそこ作れるなら
30万くらいまでいくケースもあるかもしれませんが稀です。
なので年収でいえば240〜300万、よくて360万くらいですね。

30代で未経験からエンジニアは可能性あるか

これはかなり厳しいです。
エンジニアに限らず、30歳を過ぎると転職時には専門性と実績が求められます。

かなり可能性が薄いですし茨の道なのでよっぽどの覚悟がない限りやめましょう。
エンジニアに限らずキャリアチェンジは28歳くらいまでが一般的な求職者市場の安全ラインです。

それでもどうしてもエンジニアになりたいという人は覚悟をもって望みましょう。
厳しく書きましたが30代でキャリアチェンジする人は当然0ではありません。

キャリア的にはかなり不利です。
給与も30代の一般的な給与からするとかなり低くなります。

建設的な自問自答の末に、どうしてもエンジニアになるのであれば、
厳しい道になることを理解の上、進めてください。

エンジニアのキャリアパスと年収

では未経験からエンジニアになれたとして、
どういうキャリアパスが考えられるでしょうか。

何かひとつの開発を極めてどんどん年収をあげていくタイプ

これはあんまりないですが、iPhoneアプリ開発だけだと超1流など、
ひとつの開発をとことん極めるタイプです。
フリーランスとしてであれば可能性あります。
iOSやAndroid開発はベテランプレイヤーが少ないので極めれば稼げます。
個人事業主で請負契約なら人月150〜200万というケースもあるようです。
この伸ばし方で瑕疵担保がない準委任契約などですと、人月100万の報酬の壁があります。

違う言語、違う領域に広げていくタイプ

Rubyから入ってGoやPythonなども習得したり、
最近ニーズの高いフロントエンド開発を習得したり、
インフラ技術も習得したり、フルスタックなエンジニアを目指すパターン。
このタイプが一番王道で、報酬も上がりやすく、仕事に困らないでしょう。
シリコンバレーのエンジニアの知人はこの状態にならないと
エンジニアと名乗れないと言ってましたね。
技術によって異なりますが3〜5年くらいで年収400~600万、
その次の段階で600~800万くらい。
サラリーマンだと一エンジニアだと800万の壁がありますので、
それ以上を目指すなら独立してしまったほうが早いです。

技術力とともにマネジメント能力も身につけるタイプ

技術者としても優秀で組織を統率できるタイプだと、
800万の壁を超えていけます。
イケてるベンチャーのCTOだと1000〜1200万にストック・オプションという感じ。
ただ1000万はなかなか超えていかないというのがヒアリングした印象です。

ストック・オプションについて知りたい方は以下を参照ください。
ベンチャー企業の給料とストックオプション【お金の話】

エンジニア職のリアル、給料や魅力

エンジニアという仕事は本当に魅力的なのか見ていきましょう。

給料が高い

マイナビ転職がだしているランキングによると、
「ITエンジニア」に分類される職種が多く入っていることがわかっています。
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01

基本的な年収が高いのは間違いないでしょう。
ただ勘違いしないほうがいいのは、あくまで平均値であるということです。
私の周りは年収1000万円を超えるエンジニアは多いですし、
そこまでとはいかなくてもたしかにいわゆるビジネス職といわれる営業や会計、マーケティング職などより、
給与面では優遇されている印象があります。

しかし、一方で給与の低いエンジニアもいるのは事実です。
スキルが伸びず、給与があがらないケース、
もしくはスキルはそれなりにあるが、会社の給与水準が低く、給与が低いケースです。
後者の場合は、いまの転職市場であれば、転職すればほぼほぼ給与は上がるでしょう。
前者の場合は、向上心がない、エンジニアがそもそも向いていないというケースがありますが、
そういった人も多く、低いままとどまっている人も多いのが実情です。

営業のようにノルマがないから楽

エンジニアはずっとデスクに座っていて、
ノルマもないし、怒られるようなこともない。
といってるひとがいましたが、そんなことはないです(笑)

仕事のつらさはどんな仕事にもあります。
エンジニアはエンジニアの仕事のつらさがあります。
営業のように数字のノルマはないですが、
エンジニアには「納期」があります。

また技術的に答えが見つからないということも多く、
そういったときにはエンジニア独特の辛さを感じるでしょう。

またエンジニアの技術はどんどん進化していきます。
常に向上心を持って勉学、情報収集に務めなければいけません。

若い内はこういったところについていくのは容易でしょうが、
年齢を重ねても、同じように好奇心と向上心をもって、
新しい技術についていくことができるのかというのは考えたほうが良さそうです。

エンジニアは他の仕事に比べて負担が少ない部分はたしかにあるかもしれませんが、
人によってはエンジニアの苦しみのほうが、よりストレスになる可能性があります。

人と話さないから人間関係の悩みがない

エンジニアは黙々と考えたり、コードを書いたりする時間が多く、
たしかに他の職種に比べて人と話す時間は少ないです。
なので内向的には向いているといえるかもしれません。

しかし当然打ち合わせでは進捗の報告が求められますし、
仕様をつめていく段階や、どんな技術を採用するかなど、
新規開発の段階では活発な議論が必要です。

また技術的な壁にぶちあたったときも、
相談したり、解決策を同僚と模索することも必要でしょう。

またエンジニアとだけ仕事していればいいわけではありません。
ときには営業やデザイナー、ディレクターなどのような、
エンジニアではない職種のひとたちと仕事をすることもあります。
特に営業職のように技術に理解のないひとと仕事をするときは、
無理難題を突き詰められても、自分のほうでうまく説明、反論できず、
無茶な仕事をしなくてもいけなく、ストレスが溜まるということもあるでしょう。

また自社開発ではなく、SESという形態で、
外部の会社に出向して働くような会社へ就職する場合もあります。
その場合はまったく関係値のない職場でうまくやりくりしないといけませんし、
なにより孤独感に苛まれることが多いです。

エンジニアはエンジニアで人間関係で悩むことも0ではないのです。

在宅の仕事が多い

エンジニアという仕事はPCがあればどこでもできる、と思われることが多いです。
これは一部合っていて、一部間違っています。

ここまでのコンテンツでは、エンジニアという仕事がどんなものなのか端折っていますが、
エンジニアにも様々な仕事があり、そのすべてが在宅でいけるものではありません。

在宅が可能なエンジニアの職種というのは、
いわゆるフロントエンジニアやバックエンドエンジニアが多いです。
詳細は省きますが、ざっくりコードを書くひとたちのことだと思ってもらえればと思います。
※コードを書かないクラウド系のインフラエンジニアも、在宅でいけますね!
またWeb系の企業やベンチャー企業は在宅OKなところもありますが、
大企業や、中堅のIT企業だとエンジニアでも在宅ワークは難しいでしょう。

最近では正社員で在宅でもOKという会社も増えました。
また独立して自宅でフリーランスとして案件をこなす人もいます。

またクラウドワークスのようなクラウドソージング系のサービスを使って
仕事を探して在宅で仕事をする人もいますね。

エンジニアに向いている人はどんな人?

仕事には向き、不向きがあります。
せっかく努力して、ある程度のスキルが身についたとしても、
働くうちにやっぱり違った、となるのはとても勿体ないです。
エンジニアはどんな人が向いているいでしょうか。

エンジニアはかなりの頭脳労働です。
黙々と考えることが嫌いな人、
粛々と作業することが苦手な人はあまり向いていません。

ざっくりいうのであれば、内向的な人が向いており、
外向的な人は向いていないと言えると思います。

考えるのが好きな人は向いています。
アルゴリズムを考えたり、システムの設計を考えたり。

また知的好奇心が強いひとも向いています。
IT技術は日々すごいスピードで進化しています。
この技術の進化に興味をもって、日々学習を進めれるひとでないと厳しいでしょう。

またエンジニアの3人に一人は文系専攻(IT人材白書)ということなので、
理系でないと厳しいということはないです。
実際の数学ができなくても大丈夫と言っているエンジニアの人は多いです。
ただ数学ができないと厳しいところもあるようで、
数学ができる人のほうが有利ではありそうですね。

エンジニアになる上で注意したいこと

ある程度いろんな仕事に共通項があるのですが、
エンジニアキャリアで顕著な注意点を伝えておきます。
それは常に学習することが求められること。
IT技術はとてつもなく進化が早いです。
それについていくために当然技術者は日々勉強していかないといけません。

業務の中で覚えられるに越したことないのですが、そんなに甘くありません。
業務外の時間で学習することを求められる環境のほうが多いでしょう。
それを覚悟してエンジニアキャリアを目指すことです。

エンジニアはしばらく人材不足の状況が続くと見られています。
「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」の情報によると、
2030年で79万人のIT人材が不足すると見られています。
この内容をみるとしばらく食べていけそうな気がします。
この状況が急に変わることはないと思うので、
スキルがあれば仕事に困ることはないでしょうし、
他の職種に比べて、多少有利であることは間違いないでしょう。

しかし、エンジニアのキャリアで考えておきたいもので、
「エンジニアの定年35歳説」というものがあります。
これはどういうことかというと、
エンジニアはプロジェクトの納期があり、
ときにはかなりの頭脳労働が必要となり、
体力が必要とされます。

また技術はどんどん進化するので、常に学習しつづけなければいけませんが、
年齢をとるごとに新しい学習経験は積みづらくなってします。
こういった点からエンジニアの35歳定年説が言われているのです。

実際には35歳で定年なんてことは全然ないですね。
ただフリーランスエージェントの多くは、
ターゲットを45歳以下としており、
46歳以上の積極的支援はしていないようです。

1職人エンジニアとして長くやっていくことが可能かどうかというのは、
まだ歴史も浅いこともあり、
実際のところどうなのかというのは明言がしにくいです。

確実なのは、時代の流れやニーズに合わせて、
適宜スキルアップと学習を重ねていかないといけないので、
エンジニアになったからずっと食べていけるという楽観視は危険といえます。

番外:エンジニアになりたい人が学ぶ言語はRubyでいいのか

ベンチャー界隈ではかなりRubyを採用している企業が多いのはたしかです。
Rubyを書いていること自体が楽しかったり、
豊富なgemにより生産性が高かったり、
コミュニティが盛り上がっておりどんどん進化してたりするからかな。
ただやはりまだJavaやPHPのニーズは多いです。
いけてる大きい企業だとGoの採用が増えてきています。
またスマホの登場などによりJavascriptなどによるフロンエンド開発が盛んになっています。

学習コスト的にもRubyがとっつきやすいのかもしれませんが、
Rubyしかできない人材はどんどん仕事がなくなりますので、
一度就職したあとも常に学習していくことが求められます。



コメント