フリーランスエンジニアが知っておきたい報酬についての知識

スポンサーリンク
お金

フリーランスの報酬についてのあれこれ。
フリーランスになった人に、
正社員のときには見たことなかった言葉や、ルールが出てくることになります。

この記事では報酬について、
フリーランスエンジニアが抑えておきたいことについて解説します。

スポンサーリンク

基準時間について、中割と上下割

フリーランスエージェントを活用する場合には、
準委任契約での契約となります。

準委任契約では稼働した時間で報酬が決められるのですが、
予め基準時間を定めておくことが多いです。

また基本的には月ごとに営業日数が違うので、
この時間からこの時間は同じ報酬で、と定めておくのが一般的です。
この幅のことを精算幅といいます。

週5日稼働する契約であれば、
基準時間は140時間で、精算幅は140〜180時間になることが多いです。

稀に、業務が思い現場ですと、
基準時間が200時間で180〜220時間という精算幅になることもあります。
当然少し報酬も高くなるのが一般的です。

幅があるのであれば、業務に余裕があるときは、
140時間に近づけて、最低時間で働いてもいいのでしょうか。

これは契約的には問題がありませんが、
あまり現場的な心象は良くありません。

このあたりは現場の温度感によっても違いますが
基本的には月の営業日数×8時間となるようにちゃんと稼働するのがいいでしょう。

また精算幅を下回った場合、超過した場合にはみ出た分の報酬の計算をするのですが、
計算方法には上下割と中割の2種類があります。
前回別の記事でも紹介したのでこちらで引用致します。

業務時間が精算幅の上限を超えた場合、
上下割(じょうげわり)と中割(なかわり)とは

もしくは下限を下回った場合の取り決めが大きく2種類あります。
一般的なのは「上下割(じょうげわり)」です。

精算幅が140~180時間、基本報酬が50万円の場合に、
上限を上回った場合:500,000 ÷ 180 = 2,777.777円
下限を下回った場合:500,000 ÷ 140 = 3,571.428円
にて1時間あたりの超過控除報酬を決めるのが上下割です。

一方、中割(なかわり)という計算方法もあります。
中割の計算は精算幅の中央値をとって計算します。
さきほどの例でいくと
500,000 ÷ 160 = 3,125円
を超過控除の場合の1時間あたりの計算とする方法です。

受注側からすると中割のほうが都合がいいのですが、
契約は受注者側が呑むことが多く、SESでは上下割が多い印象です。

交通費は報酬に含まれてるのは普通か

正社員のときは当たり前に支給されていた通勤交通費。
業務委託契約になると通勤交通費についてはが支給されないのが一般的です。

そのため通勤交通費がかさみそうな場合は、
その分も含めて業務委託報酬を交渉するべきです。

交通費すべてでないわけではなく、
基本的には通勤にかかる交通費だけが支給されないです。

たとえば自分のクライアントのお客様との打ち合わせや、
出張などは基本的には経費として報酬とは別途支給されるでしょう。

リモートワークの通信費は経費支給されるか

最近はリモートワーワーが増えてきました。
フリーランスのエンジニア案件は未だに常駐する案件のほうが多いですが、
リモートワークの流れが来つつありますね。

コロナウィルス、オリンピックの影響でさらに
リモートワークの流れがでてきそうです。

在宅ワークを導入した企業が従業員向けにしたアンケートで、
自宅の通信費がかさむといった悩みがありました。

正社員でちゃんとしているところであれば、
そのあたりの手当はちゃんとしそうですが、
業務委託だとどうでしょうか。

結論は、業務委託ですと基本そういった通信費は自分持ちになります。

たとえば電話代、ネットワーク費用、チャットツールなどのツール代などは、
基本的に自己負担になることが多いです。

しかし普段自分が利用していなかったり、
かなりマイナーなツールを使っているなどであれば、
現場のひとか、フリーランスエージェントを使っているひとは
エージェントに相談してみましょう。

マージンってどのくらい?

フリーランスエージェントのまとめでもマージン率に触れています。

固定のところと、固定で決めていないところがありますが、
おおよそ25~30%が相場のようです。

筆者の意見としては、マージン率より、
マージンをとられている絶対額、
自分の報酬の絶対額を気にしたほうがいいと考えていますが、
一応紹介しておくと、マージン率は
PE:BANKさんが良心的なようです。

PE:BANKさんは継続年数によってマージン率が下がっていく仕組みのようです。


消費税について

消費税は2019年10月から10%になりましたね。
細かいことは専門家に任せることにしますが、
前年度の売上が1000万を超えていない事業者は消費税の免税事業者となります

このようなことを中途半端に理解している発注者が
免税事業者なら消費税分、値引きしてほしいと言ってくる可能性がありますが、
こういった内容に関しては応じる必要はないでしょう。

免税事業者ですが、他社の発注主は払ってくれていると伝え、
消費税分も請求書に記載させてもらい、金銭を受領しましょう。
実際に免税事業者でも消費税分をきっかり請求するのが一般的です。

支払いサイト、報酬が支払わられるまでの期間

支払いサイト、と聞いてあまりピンとこない方もいるかもしれません。

単純に、報酬がいつ締めのいつ払いになるか、ということです。

3月に働いた分を月末で締めて、一ヶ月後に支払いがされる、ということであれば、
月末締めの翌月末払いという言い方をし、
この支払いサイトは30日となります。

月末締めの翌々5営業日であれば、35日サイト。
月末締めの翌々月末日であれば、60日サイトとなります。

フリーランスエージェントであれば、
おおよそ20〜25日が多いです。
30日〜60日となるエージェントもいます。

支払いサイトはエージェントごとに固定で、
こちらは相談しても早めてもらえる可能性は少ないでしょう。

最近ではフリーランス向けのファクタリングサービスというものがあります。
このサービスを使うことで、早ければ即日報酬の受け取りが可能なので、
手数料はそれなりにしますが、資金繰りに困っている方は利用してみるといいでしょう。

個人的にはちゃんと貸金業も取得しているGMOグループの「フリーナンス」がおすすめです。


以上、報酬についてのあれこれをまとめました。
お金についてわからないことも多いと不安ですが、
ちゃんと理解することがフリーランスキャリアを踏み出す大事な一歩です。

コメント