海外へのアウトソージングがスモールビジネスやベンチャーの成長を促進させる

スポンサーリンク
ビジネス

スモールビジネスをやっている人、
これからやろうとしている人向けにアウトソージングについて語ります。

スポンサーリンク

ASEANのコストが安い

アウトソーシングをうまく活用することがスモールビジネスにおいてすごく有用なんじゃないかと言うことを話します。
ASEANの地域の平均年収を調べたところ台湾はそんなに日本と大きく変わらなかったんですが
タイやベトナム、ミャンマーの地域は非常に平均年収が安く、労働力っていうのが非常に低コストだったんですね。

利益をいかにだすか

ビジネスの利益と言うのは収益−支出で計算されますよね。
利益を上げようと思ったら収益を増やすか支出を減らす、このどっちかになってくるわけです。
大体みんな当然ですが最初後は収益を上げようというところに頭が行くんですが
上述したASEANのような労働コストが非常に安いところを使えば利益が出しやすいということです。

メディアビジネスを安く立ち上げる

例えばメディアビジネスをやるって言う時に日本はクラウドワークスですとかランサーズさんみたいな
クラウドソーシングサービスを使ってライティングを依頼すると思うんですね。
ただ大体今のライティング相場って一文字0.7円から1円位が相場だと思います。
(これはあんまり専門性がなくかける記事についてです、専門性が高いとまぁちょっと高くなります)
みんな勤めめ人を卒業したいって言う時に、帰宅してからの時間を投資しようって言う方が多いと思います。
それは全然もちろんいいんですが、やはり自分のリソースっていうのは限られているので、
より早くマネタイズしたいというのを考えたら、やはり外注するって言う選択肢をとっていくことになると思います。

スモールビジネスオーナーはすぐに外注を使おう

というか、お金があると言う人はこういう選択肢をとったほうが確実にいいです。
圧倒的に時間は早いですし、自分の大事な時間を有効に使えると言うことなので、
ビジネスを進めていく上で、リソース不足っていうのはよく立ちはだかる壁なんですね。
スポットで最初から外注を使うって言う癖をつけておくと、
いざリソースが足りなくなったときにリソース不足に悩まされず、
リソース不足がビジネスの障壁にならずに、ビジネスを伸ばしていけると思います。
なので早い段階から外注を使うって言う癖をつけておくのをオススメします

週4時間だけ働く、から学ぶ外注

ティモシー・フェリスて言う人をご存知ですか。
週4時間だけ働くって言う書籍が有名です。

この本ではいくつかのトピックがあるんですが、
このアウトソーシングの有用性っていうのを解いています。
アウトソースすることで自分が動かなくても、勝手にビジニスが動く仕組みを作り、
自分の時間を捻出するかと言うことを話してくれている本です

ダラダラと長くなってしまいましたが、まとめますと、
早めにアウトソーシングを使う癖をつけること、そして利益を出すためには、
より支出を抑えることが重要になるので、ASEANなど労働コストが安い所に、
アウトソーシングする方法や手段を知り活用をしていくことをお勧めします。

コメント