アレルギー性鼻炎と点鼻薬、人生が変わった話

スポンサーリンク
ライフハック

これまでの人生でこれは出会ってよかったものがいくつかあるのですが、
その1つを今回は紹介したいと思います

スポンサーリンク

持病のアレルギー性鼻炎と症状

僕はけっこうなアレルギー体質でいろんなアレルギーを持っています。
顕著なのが(かなり日本の中で患者数がいると思うのですが)アレルギー性鼻炎と言う慢性的な鼻炎を持ってます

詳しい説明は医療系のメディアの所に譲るとしてざっくりいいますと
鼻が詰まって辛いと言う症状です。
軽度な人から重度な人までいますが、
僕は油断すると口で呼吸していて喉とか唇とかが乾燥するという事態になります。

これは間接的な悪影響になるんですけど
口呼吸する人は鼻呼吸する人に比べて生産性が悪いって言うデータもあったりします。

結構口呼吸って辛いんですよね。
前述したように喉乾くし唇も乾く、
なんとなく集中できないみたいなのが辛いです。

アレルギー性鼻炎解決の道具、点鼻薬との出会い

僕は結構小さい頃からこのアレルギー性鼻炎持ちでずっと悩まされてきました
大学の時にとある友達が鼻に用器をぶっ刺してた時がありました。
最初に何それって言ったんですけど、
よく鼻が詰まっていて、これを使うと鼻づまりが解消されるんだよって教えてくれました。

そういう薬があるっていうのはなんとなくわかっていたんですが、
実際僕の周りに今までアレルギー性鼻炎を持っている友達がいなくて、
なんとなく鼻にさす薬をダサイというか、恥ずかしいという思いがあって使っていませんでした。

その友達が使ってるのを見て、僕も使おうと思ってから人生が変わりました

アレルギー性鼻炎の薬で有名なのはAGノーズと、
もう少し安いのがナザールと言う点鼻薬です。
ナザールを使うひとをアレルギー性鼻炎界隈ではナザラーといいます笑

比較的短い時間で効果が出て鼻づまりが解消されるっていうのがこの薬です。

本当に大雑把でなくこの薬に出会ったことで人生が変わったと言っても過言ではないと思います。

点鼻薬で生産性が高まる、人生がよくなる

口呼吸してるとやっぱり集中力って落ちるんですよね。
あと寝るとき寝つきが悪いですし、朝起きた時にすごい喉が痛いみたいなのが
点鼻薬を使うまでずっとあったのですが、
点鼻薬を使い始めてからはこういった症状がなくなって人生が少しハッピーになったのです。

どこかで別途書こうと思ってるんですけども、
呼吸と言うのは生産性を高める上で非常に重要な側面があります。
この点鼻薬との出会いによってアレルギー性鼻炎の人はかなり人生を豊かにすることができるのではないでしょうか。

値段も踏まえ高くないのでアレルギー性鼻炎の人で、まだ1度も使ったことがないという人はぜひ使ってみていただければと思います。

コメント