ベンチャーの上場問題、メリットと本来のあるべき姿について

スポンサーリンク
ビジネス

今回は上場したいのか問題について話したいと思います

スポンサーリンク

ベンチャーの上場問題

よくベンチャー企業に勤めるひとたちが、上場目指しているとか言うと思います。
これが結構違和感があって、今回なんで上場したいのかと、上場って何だっけと問いかけたいと思います。

上場とは詳しい説明はウィキペディア先生に任せるとして、
ざっくり話しますと、会社の株を広くいろんな人に買ってもらえるようにするという事ですね。

上場のメリット

上場することで何がいいんだって言う話なんですけど、
これはいろんな話があります。例えば従業員満足度の向上だったり、
会社の社会的信用アップ創業者利得の獲得だったりです。
実際ぼくの友人で上場企業の役員がいますが、ストックオプションをもっていて、
上場して順調に時価総額があがってきたことにより、
資産だけでみると1億円以上の資産になっています。

会計をやってきた身としては上の部分はおいておいて、
会社としての本当のメリットと言うのは
資金調達の方法が増えるっていう所が大きいのではないかなと思っています。

上場のデメリット

今よく言われるように上場することで、結構デメリットもあります。
例えば単純に上場の維持コストが高い。
後は情報開示を随時行っていかなくていけないので、
戦略が筒抜けになるとかそういうこともよく言われますね。
それから多数の株主の意見を聞かないといけなかったり、
批判を受けないといけなかったりするので、自由に事業ができないと言うこともよく言われます。

上場ゴールと批判

一昔前に上場ゴールって言う言葉が流行りました。
まぁ字のごとく、上場がゴールになるということ。
本来であれば上場というのはより会社が成長していくための通過点でしかないはずなんですね。
上述したように上場のメリットっていうのはいくつかあるんですが、
会社がより成長していくために上場するって言うのが本来の正しい形なのに、
多くのベンチャーは上場することを目的としているということを批判した言葉になります

なんでそんなことで批判されるかと言うと、
当然創業者って言うのは多くの株を持っているので、創業者上場するとめちゃくちゃ儲かるわけですね。
それ以外にもVCだとかストックオプションを配布している会社は従業員も儲かると言うことで
上場自体を目指してしまうということがあるのだと思います。

上場はあくまで手段であり、通過点である


ただ繰り返し言うように上場というのはより会社が持続的に成長していくための1つの手段でしかないのです。
個人としてはファイナンスの手段を多様化するって言うところが、
上場のメリットとして大きいのではないか
と思っています。

昔は上場することで採用で応募してくる人の質が上がったとか、
会社の信用度が上がったとかそういう話もあったと思うんですけど、
最近の上場したベンチャーの友人に聞くと、正直そんなに変わらないですよと言うわけです。

なんでそういう変化が出てきたのかというと、
最近のベンチャー企業はかなりカルチャーを大事にしていて、
上場したからどうだとか、そういうところで応募してくる人を、
足切りしているからなんじゃないかなって思いました。

こうなってくるといよいよ上場のメリットっていうのがわからなくなってきますよね。
なので結論ですね上場、上場といっているベンチャー企業があまり好きではありません。

しっかりと上場することによる、ファイナンス上のメリットを考えて、
よりその会社が実現したい世界を目指す上で、ひとつの手段として捉えている会社が僕は本来あるべき姿だと思ってます。

コメント